心ゆくまで仕事ができる環境が良い。

水野さん 陶芸家
  • 水野さん
  • 陶芸家

八百津だと思わなかったんだ。

間違ってきちゃったの(笑)、名古屋に住んでいて陶器の学校に通っていたんだけど、仕事ができる場所を探してたのね。新聞に載っていた小さな広告に、空き家の情報が載ってた。そこには恵那と八百津町の境目にあるお家で(今の家)、恵那に住むのかって思ってよく見たら住所が「八百津」だった。瀬戸とかの方でも空き家を探してたんだよ。でもなかなか無くてね。
一回ここを見ただけで決めちゃったんだよ。

家具とかも貰ったんだ、
水野さんのお家ならきっと合う、って。

道がこの先、無いでしょう。だから、人が来ないからいいなって、静かで。
お家はほとんど変えたりはしてないよ、いろんな所が痛んではいたけどね。床とトレイとお風呂をかえたくらいかな。今ある家具ももいもんだし、拾ったものとか、自分で作ったものとか、そんな物ばっかり。水野さん家になら合うんじゃないかって、いろんな人が使わなくなった家具をいろいろ持ってきてくれたんだよ。この家は今、一四〇年くらいかな。来たときにはもう、一二〇年くらい経っていたみたい。

心ゆくまで仕事がしたい。

仕事ができる、静かな場所がほしかった。窯をつくるから、都会じゃだめでね。ここなら窯も作れるでしょう。
静かな環境で心ゆくまで仕事がしたいから、ここに決めたんだ。焼き物って手が止められない時があるから、あんまり人が訪れないような場所がよかった。
ここは行き止まりだから、車も通らないでしょ。それがいいんだ。夜も静かだよ、目の前に小さな川が流れてるからその音がするくらいで。
それくらい静か。
あとここは、年に一回くらいマイナス一二度くらいになるんだ、寒いよ~

植物がいっぱいあっていいな。

暮らしてる環境が静かで、いいなぁって思うよ。自然もあるしね。目の前に植物がいっぱい生えているから、それをいくつか摘んで、つくった花器に生けたりするよ。
ここで摘んだ植物を入れておくと都会でやる展示会でも喜ばれるんだ。
花器に合う植物がいっぱいあっていいなって思うよ。

暮らせない場所なんてない。

(奥さんのお話し)
植物がたくさんあるので、私もこけ玉つくりとかを始めたんですよ。
こっちへ来てから植物の名前を知るようになって。
主人が言ったんです。
「地球上に人がくらしている場所があるんだから、暮らせない場所なんてない。」
私はその言葉を信じています。

花器に合う植物がいっぱいあっていいなって思うよ。