八百津に住む

空き家バンク

八百津町では売却・賃貸を目的に空き家バンクに登録された空き家・空き地の物件情報を田舎暮らしを希望される方に提供しています。
移住を希望されている方からご検討中の方まで、住まいのことだけでなく、暮らしのこと、仕事のこと、地域のことなど、お気軽にご相談下さい。

資産維持

家は人が住まなくなると、あっという間に老朽化が進みます。家屋の維持のためにも、入居者に管理をしてもらうという気持ちで貸し出してみてはいかがでしょうか?
また、空き家バンクの家賃収入を固定資産税の支出などに充てるなどのメリットもあります。

地域の活性化に貢献

地域に空き家が多くなると、防犯・防災上の問題や、集落の景観悪化の問題が心配されます。
また、人が移り住むことで、地域の活性化につながります。
※空き家等に関する交渉・契約については、当事者間で解決して頂く必要があります。

売りたい方・貸したい方
1まずはお電話ください!
現地調査に伺いますので希望の日時をお知らせ下さい。
2現地調査
申込のあった物件を町の担当者が所有者立ち会いのもと、調査を行います。調査の際に空き家の間取り図、登記簿謄本、公図、固定資産名寄帳等があるとスムーズです。(無くても調査はできます)
3空き家バンクに物件登録
「入居募集依頼書」に希望価格等必要事項をご記入の上ご提出下さい。価格設定等のご相談は岐阜県宅地建物取引業協会員にご相談も可能です。 入居募集依頼書
4空き家情報の提供
町のホームページ及び窓口、各種イベント等で物件の情報を発信し空き家利用者の募集を行います。
5空き家物件の見学
空き家物件の利用希望者に対し 町の担当者が現地を案内します。
買いたい方・借りたい方
1まずはホームページをチェック!
八百津町空き家バンクホームページにて空き家の情報発信を行っています。 不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
2利用者登録
詳しい物件情報を希望される方、八百津町に定住したいとお考えの方は空き家バンク利用登録申込書に必要事項をご記入の上、町へご提出下さい。 空き家バンク利用登録申込書
3空き家物件の見学
気になる物件があれば担当者が物件を案内します。 周辺環境やまちの雰囲気を感じて下さい。 (内見希望の際はカギの手配がありますので1週間位前には来町日時をご指定下さい。 外観のみのご案内であれば予約不要ですが、事前に連絡をいただけるとスムーズです)
4空き家物件の交渉申し込み
見学の結果、気に入った物件があり、交渉・入居を希望される場合は利用申込書と誓約書に必要事項をご記入の上ご提出下さい。
空き家放置で起こりうる問題

空き家放置で起こりうる問題

全国的に空き家の増加は問題として提起され、その空き家の中には管理されずに放置されたものも少なくありません。
実家を相続した、転勤したなどの理由で手をかけられないのが原因です。
所有者にとっては自分の家なので好きにしたいと思うところですが、空き家を取り巻く環境は徐々に変化してきており、空き家の放置は非常にマイナス面が大きくなってきています。
空き家を放置するとどのような懸念があるか考えてみましょう。

詳細を見る

1老朽化が進む

構造に関係なく、家は老朽化するのを避けられません。
その程度は違うとしても、年数に応じて老朽化し、適度に修繕していかなければ躯体を維持することもできなくなります。特に木造住宅は、空き家にすると傷むというのを聞いたことはないでしょうか?
なぜ空き家だと老朽化が早まるのか?
一般的には老朽化の原因は湿気だと考えられており、木材を腐らせる菌(木材腐朽菌といいます)の繁殖は、温度や酸素よりも湿度が要因だと言われています。窓を開けたままや、外部から室内の様子がうかがえる状態で空き家にすることは少ないので、一般的には空き家は閉め切られた状態が維持されます。そうすると換気や採光がされないまま長期間放置されるので湿気が内部にこもり、梅雨の時期に空き家が始まった物件では特に顕著に老朽化が進行します。
もちろん、住んでいて発生する水蒸気も影響を与えますが、生活をしていると室内の空気の循環が行われるのに対し、空き家では湿気が滞留して老朽化が早まるとされています。

2資産価値が下がる

家は居住していても空き家にしていても年々価値が下がります。
それだけではなく、日本全体で人口・世帯数減少が始まっているため、過疎化が進んでいる地域になると、周辺に住む人も少なくなり、地価も下落していきます。宅地の価値は市街化の度合いに影響されますので、空き家を放置していると家と土地の両方で同時に価値の下落が起こる可能性もあります。

3倒壊・破損・散乱など

いずれも周囲への影響が大きく、倒壊に至らなくても地震による外壁の剥落、台風による屋根材の散乱等による被害は可能性として十分に考えられます。
もちろん、これらは住んでいても起こるものですが、住んでいると危なくなったら適切に修繕するのに対し、常時監視されない空き家の方が危険は高まります。
また、建物の所有者には管理責任があり、瑕疵(不具合)で他人に損害を与えたときは民法により賠償責任を負う可能性もあります。
まとめ
空き家をどうするかは個々の事情もあり、また、思い入れのある家は処分をためらわれ、決断できずにとりあえず放置しているケースも多いかもしれません。 しかし、使う予定がないのであれば老朽化して大きな補修費、取り壊し費用が掛かる前の段階で運用、売却等に踏み切ったほうが精神的には楽になります。
今は空き家を残すとしても、いずれ住む・貸す・売る・解体を判断するときが来ます。とりあえず放置して老朽化するのは、経済的損失だけではなく社会的にも厳しい時代が来ているのではないでしょうか。
詳細はこちらまでお問合せください
八百津町役場2F0574-43-2111

八百津町役場地域振興課 地域振興係 担当 :小島
月曜日~金曜日/午前8時30分から午後5時15分まで(休日・祝日・年末年始を除く)

注意事項
  • 町は所有者、利用希望者に対して双方への情報提供のみ行います。
    実際の売却に関する交渉や契約に関与できませんので、交渉や契約は当事者間で行っていただくことになります。
  • 空家情報は、所有者から得た情報を基に作成しておりますので、実際の状況と異なる場合があります。物件の詳細については所有者にお問い合わせいただくか、物件見学時に確認してください。

各種支援制度

空き家改修支援補助金(八百津町)

リフォーム費用の1/2(上限100万円)を補助します。
  • 町外からの転入者で空き家バンク制度を利用して空き家を購入・賃借された方が対象

【担当】八百津町役場 地域振興課

空き家改修補助事業(岐阜県)

リフォーム費用の1/3(上限100万円)を補助します。
  • 県外から移住して1年未満の方
  • 多子世帯(18歳未満の子どもが3人以上いる世帯)
  • 新婚世帯(婚姻後2年以内)のどれかに当てはまる方

【担当】岐阜県庁 住宅課 空家対策推進室 空家対策推進係
※予算がなくなり次第終了、年度毎の補助事業となりますのでご注意ください。

新築住宅奨励金

町内に新築住宅を購入・建設された方に最大20万円の奨励金を支給します。